イモムシ
色画用紙など他の紙でも作れますが、あえて牛乳パックを利用した作り方です。いわゆるシャクトリムシの奇妙な動きになります。そのままでもいいのですが、割り箸など棒を付けると動かしやすくなります。その取り付け方がちょっと難しいです。
 イモムシだけでなく同様の作り方で人形の手脚を作ったり、象の鼻になったり色々応用ができます。
必ず牛乳パックのはり合わせの角から切り開きます。 はり合わせて2重の所が端(この写真では右端)になっています。
まず、補強のためセロハンテープを横に一直線にはります。上でも下でもいいですが1cm程あけます。 牛乳パックの1面(幅7cm)を3等分に縦に線を引きます。3等分は正確でなくていいです。
輪の大きさを決めます。この長短が胴の太さになるので、ずんどうにしたり中央を太くしたり思い思いの形にできます。ただし頭とお尻は小さい輪にします。 線を全部切ります。セロハンテープを切ってはいけません。
棒を取り付けると動きがよくなります。わりばしなど先を細くして頭とお尻に穴をあけさし込みます。 凧糸などで出た先を結んで接着剤を付けて抜けないようにします。
胴体になる輪を一つずつセロハンテープで接着します。 内側に輪を作る方がうまくいくようです。
眼を取り付ければ出来上がりです。 身体を曲げたとき、頭とお尻の輪は棒が付いているとので隣の輪の中に入り込みます。それが、よく動くコツです。
ストローの場合は先を開いてしっかりと接着します。 ただし、ストローは折れ曲がりやすいです。
  トップページに戻る 他の牛乳パック工作を見る