「牛乳パック1個で作るイヌ」
しっぽをひっぱると頭が動きます。
材料/1000ml牛乳パック1個
道具/セロハンテープ、両面テープ、ハサミ、
ペン、カッターとカッター台
はり合わせの部分が端になるように牛乳パックを切り開き、切り取る。底の部分は使わない。
イヌの頭は円すい台だが、展開図は難しい。紙コップを利用するとうまくいく。 紙コップを開いて適当の大きさに切る。
頭は紙コップをトレース。脚、耳も左右対称にするには切り取ってトレースするか型紙を作るとよい。 切り取る。しっぽ(動かす仕掛け)はパックの口の部分まで長く切り取る。
1個の牛乳パックだけで作ることがテーマ。レイアウト、デザインを工夫すると色々なイヌができる。これは「ミニチュアダックス」
しっぽ(仕掛け)の切り込みを入れる。しっぽは動きがあるので1mm程度のはばを作った方がよい。 頭はパックの白い裏の方を表にする。両面テープでしっかり接着して円すい台の形にする。
ボディはパックの表側。お尻を折り込んで接着、後ろ足が開かないようにする。 コノママだと前脚が広がりやすいので、「コ」の字に折り曲げたパーツを両面テープやセロハンテープでしっかりと取り付ける。
しっぽの帯が頭の下までつながり、引くと頭が下を向く動きになる。 しかけの帯は頭の下に切り込みを入れて差し込み中でテープで接着する。
耳を取り付け、目を描けば出来上がり。
トップページに戻る 他の牛乳パック工作を見る
ネコの作り方
ホームに戻る