口からトイレットペーパーが取り出せるカエル
ティッシュやペーパータオルではちょっともったい、そんな時トイレットペーパーは意外と便利です。取っ手が付けてあるので、つり下げても持っても行けます。実用的なおすすめのエコエコ工作です。
牛乳パック2個で作ります。 必ずパックの合わせ目(2重)の角から切り開きます。
切り開く順番です。重要です。 展開したときのパックの合わせ目や底の位置が重要だからです。
底の部分も使います。 同じものを2枚用意します。
合わせ目のある1面をはりしろの約2cmを残して切り離します。 3cm の位置に線を引きます。その線より14cmの位置に線を引きます。
底を切り離します。3cmの部分も必要です。
ボールペンなどで折り目をしっかりとつけます。 両面テープで2枚をつなぎます。組み立てると6角形になります。しかし、丈夫な正6角形を作るのは難しいです。
底を使います。開閉できる丈夫な「ふた」にもなります。(工作のポイントです)2枚を12cmになるように張り合わせます。セロハンテープを巻いてしっかり固定します。12cmは正6角形の内径です。 パックの底は最も丈夫な部分です。しかし、折れ曲がりやすい方向があるので、それを考慮した切り取り方だったのです。
頭の位置に「ふた」を取り付け、口を描きます。トイレットペーパーの幅は114mmなので、12cmと約2cmの穴から引き出せます。 余った部分で「取っ手」とカエルの眼を作ります。取っ手はパックの2重の合わせ目を使うと丈夫です。
取っ手と眼は切り込みを入れて差し込みます。 中でしっかりと接着します。
表から見たところです。この後6角形に組み立てます。 「ふた」を閉じると正6角形になるはずです。
反対側も正6角形になるように、対面で張り合わせていきます。 数カ所セロハンテープで張り合わせます。
開かないようにしっかりと張り合わせます。 「ふた」はこのままでは開いてしますのでバンドを取り付けます。余っている張り合わせ部分を使います。切り込みに差し込んで中で固定します。
ふたの方には切り込みをいれます。差し込めばふたがしっかり閉じます。 開けるときはバンドをはずせばいいのです。
トイレットペーパーは下から上に引き上げて出すようにセットします。(通常のトイレとは逆) 置くこともつり下げることも持っていくこともできます。
パックの模様によっていろいろなカエルができます。 同様に裏の白を利用してもできます。これはイヌ。
赤いパックを利用したオニ。 鼻からペーパーが出るゾウ。トイレットペーパーは芯を抜いて中から引き出します。鼻の作り方はイモムシと同じです。
他の牛乳パック工作を見る トップページに戻る