「ブレーメンの おんがくたい」
 4匹の動物たちが音楽家になるためブレーメンの街をめざす有名なグリムのお話を「影絵」を中心に構成しました。4匹の動物が積み重なる場面やどろぼうをやっつけるところなどは影絵人形ならではの独特な動きです。今回は叙情的な影絵より人形劇としての影絵劇を追求した演出です。
1.4匹の仲間たち音楽家になるためブレーメンの街を目指します。

2.だんだん暗くなってきました。 3.色付きの人形から影絵の黒い人形に変わる独特の演出です。 4.どろぼうの家です。
5.ロバの上にイヌ。 6.イヌの上にネコ。 7.ネコの上にニワトリがのりました。
8.どろぼうたちはあわてて逃げました。 9.どろぼうたちが戻ってきました。 10.何か光っています。
11.イヌは脚をかみつきました。 12.ロバはけとばしました。 13.「ヒャー」おばけがいっぱいだー。
14.逃げろ、逃げろ。 15.みんなで仲良くくらそう。 16.とうとう音楽隊になりました。
「ブレーメンのおんがくたい」の一部が動画で見られます。
そこはドロボウの家 戻って来たドロボウ
何だコリャー。 音楽隊です。
トップページに戻る