「がらくたやま どうぶつえんの人気者。「ペンギンのお散歩」を作る。
pdf.の図解
1.材料/1000ml牛乳パック.曲がるストロー.凧糸、くちばし用の黄色い紙 2.主な道具/セロハンテープ.ハサミ.カッター、カッター台、くちばし用
の黄色い紙は広告ちらしでけっこうです。両面テープも便利です。
3.この横線でペンギンの身長が決まります。
4.全面は折ってペンギンの底になります。 5.初めに糸の出る穴をカッターで切り取ります。 6.糸が切り口にあたるとうまく歩けません。大きめに切り取った方がいいでしょう。
7.背面は尾羽の形に切り取ります。 8.底は使いません。切り取ります。 9.切り取った部分で翼、脚、眼を作ります。
10.組み立てるとボディです。 11.はみ出た部分はカットします。(ペンギンの身長によりますが。) 12.折り込んだところです。
13.ストローをハの字型に取り付けます。写真では判りにくいですが、セロハンテープを重ね張りしてしっかりと固定します。ストローの長さやハの字の角度により歩き方に違いがありそこが面白いところです。この工作のポイント1です。 14.切り込みを入れて翼を取り付けます。 15.翼が付いたら底の部分をセロハンテープか両面テープで閉じます。
16.くちばしらしく少し細くします。 17.別の黄色い紙などを貼ると開きません。 18.両面テープがいいでしょう。
19.脚と眼を取り付ければペンギンです。 20.歩かせるための糸をストローに通します。 21.間にストローの曲がる部分を入れて糸を通します。この工作のポイント2です。
22.尾羽は閉じていないので糸は背後に出ています。 23.糸の先には小片をしっかり結びつけ抜けないようにします。 24.ストローの曲がるを固定して。
25.糸を張ったまま、右左とスライドさせるとペンギンが歩きます。 26.二人の時は指や足で押さえてもらいます。 27.一人の場合は床にセロハンテープやガムテープで固定してもいいです。
28.椅子やテーブルの脚を利用してもいいです。 29.当方の「がらくたやま どうぶつえん」で使ってる物です。 30.糸はなるべく太いほうがいいでしょう。ストローに通れば「ひも」でもいいです。長さは自由ですので慣れてくれば長い距離でもだいじょうぶです。

トップページに戻る