紙パック1個で作れる「羽ばたく鳥」
保育士研修や親子での工作会では定番の工作です。牛乳など1000ml。の紙パックの表の印刷面も利用します。また、紙パックを殆ど余すことなく利用するなど「エコ工作」の教材としても適しています。
牛乳など1000mlの紙パック1個を利用します。パッケージ印刷の模様色ロゴまでが鳥の身体の模様になるので、その色などを考慮して様々な個性的な鳥が作れます。
クチバシに貼る色画用紙など、3.5cm/8cm にするとちょうど収まります。
先ず、翼を動かす仕掛け(底の最も厚い三角の部分)を差し込む穴を切り取ります。

横3.5cm/たて5mm

ボディの中央辺にカッターで。
パックの他の部分全てを使います。
翼は表の模様を考慮します
トレースすれば同じ形がとれます。
ほぼ対称の色模様になります。完全な対称にはなりません。
可動部なので強度が必要です。そこで底を使い生ました。

全てを紙パックで作るための工夫です。

pdf.版
ここを一枚紙などで作ると、翼がすぐにへたってしまいます。
取り付けもしっかりと。
セロハンーテプを巻き付けるといいでしょう。
ボディに切り込んだ穴に差し込みます。
先ず上をセロハンテープで接着、
下もセロハンテープで接着します。三角の部分に接着すると厚さがあるのでボディと翼の間に隙間が出来てしまいます。
下から見た所です。
翼がうまく動くか、左右同じ動きになるか試します。
手で引く「帯」の長さが微妙です。
長さが決まったら二枚を接着、長ければ切ります。
自由な形で尾羽を切り取り、
さらに余った紙で脚、目玉を作ります。
脚の取り付け。

切り込みに射し込めば丈夫です。

翼の形を整えます。
セロハンテープで閉じて、
さらに上から別に用意した紙を貼ればきれいに仕上がります。
目玉を取り付ければ出来上がり。
1000mlの紙カップを殆ど余すことなく使います。
翼が動きます。
棒を取り付けたり、糸で吊るして動かしても楽しいです。

様々な色模様の紙パックや切り取り方で個性的な鳥を作ってください。

トップページ