クレヨンカンパニーの「ガラクタ人形劇」から
歩くペンギン
材料。1000ml牛乳パック,凧糸(2m〜10m),曲がるストロー,黄色い紙(4cm×8cm)

道具。カッター,ハサミ,穴あけ、セロハンテープ、両面テープ、ペンなど

原型のままの牛乳パックから、ボディ(約10cm)と「糸を通す仕掛け部分」になる底(2cm)を切り取る。
カッターまたはハサミで、
全てのパーツをまかなう。
糸を通す穴を開ける。
穴の微妙な位置により歩き方
が違う。
カタカナ「ハ」の字型に糸を張るのが歩く仕掛け。
間に曲がるストローを入れる。

※この工作の最大の特徴。普通は糸をフック状のものにひかけるが、ストローをガムテープなどで床やテーブルに固定するだけでどこでも遊べる。また、ストローの開閉の動きが歩く動きにも作用する。

ストローは長くした方がよい。
糸の先にセロハンテープをまくとタコ糸でも穴に通しやすい。
背面。尾羽を切り取る。
翼を2枚切り取る。
セロハンテープなどで接着してもいいが切り込んで差し込むと丈夫できれい。取り付け方により歩く時に自然と翼が動くことも可能。
牛乳の注ぎ口を閉じる。
カットした後セロハンテープで閉じた方がいい。その上に色の紙を貼る。
3.5cmの8cm紙はちょうどくちばしに収まる。

両面テープで上から貼り、
下で閉じる。
「底」を取り付ける際、糸が出ているので、ボディのその部分をカットしておく。
ボディを「底」に被せるように取り付ける。両面テープが便利。
ボディに底が取り付けられた。
後から、
余った紙で脚を作る。
底に取り付ける。
さらに余った紙で目玉を作る。
目玉を取り付け、さらに余った小片の紙を糸の先に結ぶつけ抜けなうようにする。
出来上がり。糸の長さは適当、何十メートルでも可能。

1000mlの紙パックを殆ど余すことなく利用したまさにエコな工作。

ストローの曲がる部分を貼付ければどこでも遊べる。
トップページ