ユニックルのお友だち、イヌを作ろう
紙コップを使ってストローで動くイヌを作ります。脚が自然に動くように、ボディに糸で取り付けるところがポイントです。
コップの口をふさぐ円板をはじめに2枚作っておきます。 接着しやすいように縁
の防水処理をサンドペーパーなどではがしておくといいでしょう。
脚になる筒を4本作ります。5センチ位の正方形作ります。 針と糸で動くように取付けます。
糸の結び目は大きく作るか、糸か紙の小片を結んで、糸が抜けないようにします。
取り付ける位置に針で穴をあけておきます。 コップの中から針で糸を通すので、底の方はやりにくいです。

脚の筒にも針で糸を通します。 抜けないように結び目を作りますが、
糸を切って結ぶのが確実です。 数回結んで大きくするか、小片をはさんで抜けないようにします。
4本とも取り付けます。 自然に脚が動きます。
頭のコップも取り付けます。コップの底には紙の張り合わせのため5ミリ位の縁があります。 その縁と頭部のコップを糸で取り付けます。頭部はコップの口側が取り付け位置になります。
頭も自由に動きます。 ストローを取り付けるあなを、同体の中央と、
頭の中央にあけます。 ストローは先が割れるように切ります。

コップの中で開いて接着、両面テープとセロハンテープを併用すると確実です。 ストローを取り付けて、円板で口をふさぎます。
顔を描き、耳・尾を付けます。 自由に動くイヌのできあがり。
脚の取り付けは、糸の他にユニックルの脚と同じく、竹串を軸にしてもいいです。また、ナイロン糸(2号位の釣り糸)を使うと、針を使わずにできます。
ストローの代わりに、糸を付ければマリオネットです。ただし、体の中に粘土など重りを入れます。