歩くユニックルを作ってみよう
ユニックル人形の元祖、人の指が脚になるユニークな人形です。スキップや走ることもでき、自由にどこへでも歩いていけます。
紙コップと口の大きさの円板。円板の紙は少し厚い紙、牛乳パックの紙が最適です。 指の入る穴を切り取ります。初めにキリなどで穴をあけてハサミの先で徐々に大きくあけます。
紙コップに取り付けますが、接着剤だけでははずれやすいです。 セロハンテープをコップの縁の丸みにしっかりと接着します。
指が入れられるように紙コップを切り取ります。大きく切り取らないと、 指が入っても抜けなくなります。
服を付けて、背中を切って。 コップの中に折り込みます。
靴を作って指にはめてみます。 先に穴に指を入れないと絶対に靴ははけません。
髪の毛を付けて、帽子をかぶせます。

髪の毛をハサミで整えます。
紙バネの腕を取り付けますが、接着剤や両面テープより、じょうぶな方法もあります。 紙バネ端の三角を、切り込みに差し込むのです。手の向きに注意して切り込みを入れます。

内側で折ってセロハンテープで固定します。 できあがり。
早速。 歩かせてみましょう。