公演や講習のご案内

・公演地 
 北海道内が中心ですが、道外でもご希望があれば経費などを考慮してご相談の上お伺い致します。なお、東北地方(岩手県、宮城県)は毎年冬期に巡回公演しています。

・料金 
 1回公演の基本料金は40,000円です。交通移動経費を頂く場合もあります。地域また時期によって変わりますのでお問い合わせください。また、午前午後の2カ所のお申し込みや極端に少人数の施設、また事情のある企画等は料金を考慮しておりますのでご相談ください。(現在、被災地や病院内学級等は無料で行っています。)

・出演する人
 「めがねおじさん」一人での上演です。一人でも、いいえ、一人だからこそ「いろいろげきじょう」と言った方がいいでしょう。マリオネットや影絵までも含め人形劇のあらゆる技法を使い。また、「牛乳パック・紙コップ」から「ほうきやスリッパ」までをも素材とした人形製作など、一人で三人分以上の多彩な舞台をお届けします。

・内容
 毎年違う演目でプログラムを組んでいます。5月頃に切り替わり、1年間を通して上演します。ただし、前年の演目でも好評の物や代表作は希望により上演することもあります。毎年人形を創ることはもちろん。多様な演出や新たなアイデアを取り入れた人形操作、また子どもたちも参加できる企画などあかちゃんから大人まで観てもらうことを心がけています。


・対象
 幼児から低学年、そしてその家族です。研修などで大人だけに公演することもありますが内容は同じです。観る方が子供の心になってもらいます。鑑賞人数は200名でも観られますが、子供たちの反応に応じて共に劇を造り上げる方針から150名位までが理想的と考えています。多い場合は2回に分けることをおすすめします。

・上演時間 
 約1時間です。子供たちの集中力は時間の長短ではなく内容や構成と考えています。休憩はありませんが、乳児などは都合により途中から入退出しても問題ありません。2回公演の場合は間に15分程必要です。

・会場 
 遊戯室やホールなど普通は平場に舞台を設置します。人数や観やすさを考慮してステージ上で上演することもあります。はば4m、奥行き3m程が設置スペースになり、その前2m以上あけて席を設定してください。

・影絵上演の注意   
 背景幕を取り払うと影絵のスクリーンになります。裏から照明を当て影絵人形を操作してその影の動きをスクリーンに映し出します。暗幕等で暗い会場では色は鮮やかに影は黒く鮮明に観られますが、照明にプロジェクターを採用したことによりカーテン程度の少々明るい部屋でもご覧頂けます。しかし、天窓等で日光が入る部屋は不可です。通常の人形劇舞台と影絵舞台を組み合わせているので、一般的な人形劇舞台設置よりも後方に少しスペースが必要です。終演後、ご希望により影絵の仕組みや人形操作など舞台裏公開や子供たちにも判りやすい解説もしています。

・講習会・工作会も承ります。 
 保育士など先生方の研修や親子で作れる工作会で講師を承ります。時間は約1時間から2時間です。牛乳パックや紙コップ人形の工作、「影絵」の実践などが中心です。「工作会」では親子で20 組程度、大人だけの研修会では人数は問いません。公演当日の場合は10,000円の加算になります。単独での開催も可能ですが料金はお問い合わせください。

・お申し込み  
 お申し込み順で日程を決めます。電話、ファクシミリまたはメールでご予約日を受け付けています。その後上演確認書を送付致しますので、確認書が届かなかったり記載に誤りがある場合はご連絡ください。

069-1208 北海道夕張郡由仁町山形433−4      
電話/FAX 0123-83-2826