牛乳パックで作る「ぱくぱくカエル」

口がぱくぱく開閉するので、おしゃべりや歌も歌えます。複数作ればカエルの合唱団の出来上がりです。

下の説明写真はクリックすると拡大します。

牛乳パックを切り開きます。底はつきません。折り込みのある注ぎ口は切り取り、目玉にします。
 
 
折り込み部分を重ね合わせて組み立てれば、頭の形が出来上がります。
 
切り込みを入れて目をロリつける方法は丈夫ですが、面倒な時は最後に折って両面テープ等で頭部に取り付けるだけでもいいでしょう。
 
 
 
組み立てたら子供でも手が抜けないように輪ゴムでバンドを作ります。
 
 
 
目玉を作るのは結構細かくて面倒ですが、ここでカエルかカスタネットかの分かれ道。ちなみにカスタネットは口の中に割り箸など色々な硬い物を貼り付けることで作れます。重ね合わせて接着し余分なはみ出た部分はハサミでカットします。
 
 
 
ボディ、脚、腕をパック紙から作りますが、ボデイの色模様を揃えるには一旦切り離して貼り合わせます。牛乳パックのデザインは対辺が同じだからです。
 
 
 
ボディと頭は切り込みに差し込んでしっかりと取り付けます。
 
 
 
脚を固定するとパクパクと同時に身体も自由に動きます。
クリックしてpdf.ファイルをプリントしてください。