2006年上演作品1部 ガラクタ人形劇 ブレーメンのおんがくたい
        2部 影絵 うたのかげえ
また、1部2部の間に段ボールや牛乳パックを利用したガラクタ楽器の紹介と子供たちの音楽隊ごっこもあります。

「ブレーメンのおんがくたい」
牛乳パックやラーメンカップなど、身近な廃品を利用した人形劇。
観客の子供たちと、人形と、演者のめがねおじさんが一体となってお話を
繰り広げます。

ニワトリくん。ぼくたちは音楽隊に入るつもりなんだ。 4匹は森を抜け山を超えてブレーメンへ。
仕事の後のビールはうまいなー。 どろぼうたち、酔っぱらって寝ているよ。
何だ何だ、逃げろ! 4匹の仲間をお化けにするよ。目はジャッムのふたでいいね。
うまくいった。もう,どろぼうたちは戻ってきません。 この家でなかよくくらしました。おしまい。

「かげえ おんがくかい」(歌の影絵06)
クレヨンで描くように美しく楽しい色彩豊かな影絵。クレヨンカンパニーの
独特の影絵です。

4匹はまた出発。だって音楽隊になるからね。 アイアイ。アイアイ。おさるさんだよ。
ある日、森の中、熊さんに出会った。 ライオンのピアニスト。
何でも知ってる、古時計。きれいな花嫁やってきた。 嬉しいことも、悲しいことも、みな知ってる時計さ。
天国へ上る、おじいさん。時計ともお別れ。 ブレーメンの音楽隊。

公演のご案内、お申し込みは

ホームへ戻る。